年末調整

例年なら、とっくに送られてくるはずの年末調整の用紙がかんぽ生命から、未だに送られてこない。ホームページから問い合わせをしてメールで返信するように依頼したのですが、電話で連絡が来ました。こちらは仕事中は電話に出ることが出来ません。メールで連絡を返して欲しいと言っても何回も電話して来ます。コールセンターは派遣社員で回しているのでしょうか。電話で話しても、まったくラチがあきません。
話していてイライラして来ました。
かつては、こんなことはありませんでした。あのエセ日本人が郵貯を民営化したからです。

 

それで、こんな返信が来た。
 以下転載

日頃は格別のご愛顧をいただき、厚くお礼申しあげます。

このたびは、保険料払込証明書の再発行のお手続きにつきましてお問い合わせをいただきましたので、次のとおりご回答をさせていただきます。

保険料払込証明書の再発行につきましては、大変申し訳ございませんが、ご本人確認のとれないメールでのお申出により承ることができかねます。
つきましては、お手数をおかけいたしますが、再発行をお急ぎの場合には、契約者ご本人さまより最寄の郵便局保険窓口にて下記必要書類をお持ちのうえお手続きをいただきますようお願い申し上げます。

<必要書類>
・保険証券(書)記号番号の分かる書類(保険証券(書)、弊社からのご案内)
・契約者ご本人さまのご確認が出来る書類(運転免許証など)

また、郵送のお時間を要すものではありますが、弊社フリーダイヤルまたは弊社ホームページからも再発行のお手続きがいただけます。
お手続きにつきましては、弊社ホームページ内「保険料払込証明書の再発行」(下記■)をご参照いただきますようお願い申し上げます。

■弊社ホームページ内「保険料払込証明書の再発行」

以上がご回答となります。
お問い合わせをいただきまして、誠にありがとうございました。

それで、この返信の翌日に郵便物が送られてきた。あほみたい、ではないか。

私という存在

鮭は鮭であることを楽しむしかないとあの人は言った。であるならば,私は私であることを楽しむしかない。私は私にしか出来ない人生。私は私にしか出来ない楽しみを見つけて生きていくしかないのだ。多分。彼は彼の楽しみを見つけて生きていけば良いのである。彼女は彼女の楽しみを見つけて生きていくしかないのである。誰も他者の人生を歩むことは出来ないのだ。私は私であることを楽しむしかないのである。もっともあの人は最後にこう付け加えた。人はクジラにもマグロにもなれると。これは一体どういう意味なのであろうか?